topimage

    2017-07

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    外需に活路を(2) TPPと日本 - 2010.11.04 Thu

    将来の日本にとって、「内需」より「外需」の方が可能性があるということは第1回で述べました。しかし、外需に頼ると「経済摩擦のもとになる」と心配する人が出てくると思います。たしかに「前川レポート」が内需重視を打ち出したのは1980年代の経済摩擦がきっかけでした。
     
    ●歪められて利用された「内需重視論」
     
    1985年のプラザ合意後、円高が急速に進行したにもかかわらず、日本は依然として巨額の貿易黒字を計上し、欧米諸国との間で経済摩擦が生じていました。貿易黒字圧縮の手段として「内需」が取り上げられたのです。
     
    その後「内需重視」論は、国内の自由貿易派(工業や大企業)と保護主義派(一次産業や中小企業)の対立の中で歪められて利用されてきたというのが私の見方です。輸出額が大きくても、輸入が十分に大きければ貿易収支の黒字は押さえられるのは簡単な算数だからです。
     
    ●「大きく輸出し、大きく輸入する」エアハルトの信念
     
    かつての西ドイツの例をひきましょう。ナチスドイツの敗戦を受けて、戦後の西ドイツは「西欧への統合」をめざしました。それが欧州連合
    (EU)
    につながったのはよく知られています。これを支えたのはキリスト教民主同盟のアデナウアー内閣の経済相を務めたルートヴィヒ・エアハルトの「貿易自由化」への信念でした。いまでいえば、ネオ・リベラリストに分類されるエアハルトは、メードインジャーマニーの国で「輸入の自由化」を積極的に推進しました。

    エアハルト ルートヴィヒ・エアハルト
     
    「それによって国内市場での競争原理の貫徹、海外製品との競争に勝ち抜くための研究・開発、投資の促進、そして輸入による低い物価水準がもたらされると考えたのである。  またそれ以上に、この大きく輸出し、大きく輸入するという方針は、少ない貿易黒字幅をもたらし、そのためドイツ経済に対する海外からの批判をかわすことにも成功したのである」(高橋進・平島健司=世界歴史大系ドイツ史3=山川出版社)
     
    ●エアハルトの政策は自由貿易主義の真髄
     
    最近のドイツは経常収支の黒字幅の大きさで、中国と並んで、アメリカから指弾されていますが、「大きく輸出し、大きく輸入する」という当時のエアハルトの考え方は自由貿易の真髄です。社民党のヘルムート・シュミット首相も徹底した「規制緩和」論者でした。党派は違っても、19世紀ドイツ自由主義の伝統は生きていたようです。
     
    さて、貿易の活発化は各国経済の相互依存を深めることによって、相互理解を深め、平和にもつながります。保護主義はこれとは反対の効果をもちます。いま日本に求められるのは、輸出を伸ばすと同時に輸入に本格的に門戸を開くことです。そうすることによって、国内の産業構造のグローバル化への対応も進みます。

    schmidt ヘルムート・シュミット
     
    ●日本はチャンスを生かせるか?
     
    政治に携わる人々には、個別産業、それも競争力の強化を怠ってきた産業をさらに保護するのではなく、日本の将来を切り開いていく産業にチャンスを与えてほしいのです。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加は、そのきっかけになるでしょう。 






    ● COMMENT ●

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/71-0daf2a25
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    若者の安保観 岡本行夫さんの講演を聴いて «  | BLOG TOP |  » 音楽 再生音楽あれこれ(3) 団塊世代の幸せ

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。