topimage

    2017-05

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    音楽 再生音楽あれこれ(3) 団塊世代の幸せ - 2010.11.03 Wed

     音楽・映像ソフト販売大手のHMVジャパンローソンが完全子会社化するそうです。

    HMV 

    最近、レコード屋さん(と、最近はいうのでしょうか?)にほとんど足を運ばず、もっぱらHMVの通販に頼っている私には、大いに関係のあるニュースです。

    ●SPからのメディア遍歴

    SPレコードから始まった私の再生音楽趣味は、LP、ステレオLP、CD、DVD、オープンリール・テープ、カセットテープなどさまざまなメディアを遍歴しました。私たち団塊の世代が、20世紀後半のメディアの変遷に翻弄されてきたということでもありますが、一方で、60歳過ぎまで、その変遷にキャッチアップしてきたおかげで、いまは幸せな思いを味わわせてもらっています。

    Heifetz ハイフェッツ+ミュンシュのベートーベンV協奏曲

    ●最初のLPはハイフェッツ+ミュンシュ

    私が最初にLPレコードを買ったのは小学校5年生のときでした。祖父に思わぬ額のお小遣いをもらった兄と私と弟は、東京・三軒茶屋にあったスミヤというレコード店で、夢だったLPプレーヤーと3人それぞれがLPを買いました。私はヤッシャ・ハイフェッツとシャルル・ミュンシュ+ボストン響のベートーベンのヴァイオリン協奏曲、兄はカラヤン+ウィーン・フィルのベートーベンの交響曲7番、弟がトスカニーニ+NBC響のベートーベンの交響曲3番でした。17センチのターンテーブルのプレーヤーをラジオにつないで聞いたものです。何百回と聞いたそのレコードはどこかへいってしまいましたが、ジャケットのデザインは、細部まで鮮明に覚えています。

    pastoral クレンペラーの「田園」

    ●贅沢品だったレコード

    当時、LPレコードは1枚2500円でした。いまの貨幣価値では、いくらになるでしょうか。かなりの贅沢品であったことはまちがいありません。ほかに楽しみのなかった時代、私はお小遣いを貯めては、通学途中の新宿にあったコタニに通いました。お目当ては廉価盤、特売品でした。中学2年の1962年、英国EMIレーベルが日本コロムビアから東芝レコードに移ったことで、日本コロムビアが出していたEMIレーベルが廉価で放出されました。「レコード芸術」で知り、前からほしかった、オットー・クレンペラーのベートーベンの交響曲6番を見つけたときは、小躍りしたものです。定価2000円が、1000円になっていたからで
    す。

    seraphim クレンペラーのベートーベン交響曲全集

    ●ボロボロでもお気に入り

    いまでは周りがぼろぼろに痛んでいるこのレコードは、いまもお気に入りです。ベートーベンの交響曲はクレンペラーに限ると思っている私は大人になって、東芝EMIのセラフィム・レーベルの全集、英EMIのCDの全集を購入しましたが、6番を聴くときは、断然LPです。レコード遍歴を書いていくと1500枚分の思い出があって、果てがありません。

    CD 英EMIのCD全集

    ●かつての名盤が驚異的に安く

    子どもだった1950年代、少年だった60年代、青年だった70年代、このころは戦前からの巨匠が円熟期を迎えるとともに、録音技術が飛躍的に進歩した時代です。しかし、そのころのLPはまだ高価でした。CDが登場して、約30年たちました。CDはLPよりはるかに製造コストが安くなりました。そして、私がかつて欲しかった巨匠の名盤はもはや「新譜」ではありません。廉価盤として繰り返し出され、さらに安売りメーカーにライセンスに出されています。神棚にあげても、おかしくないと思った最初のLPと比べて、どれほど安くなったでしょうか。

    ●インターネット通販で在庫は膨大、入手は迅速

    さらに、インターネット通販の時代になりHMVのHPに行けば、膨大な在庫を検索することもできます。その値段の安いこと! また、配達の早いこと。クラシック音楽に興味のある方は、このURLをクリックしてください。www.hmv.co.jp/news/article/1009030001/  これはほんの1例です。まるで、宝の山に入ったような気分を味わわせてくれます。中学生時代、カール・リヒター指揮のバッハのマタイ受難曲の貴重なレコードを貸してくださった80歳の恩師に、同じ音源のCDをプレゼントして恩返しすることもできました。進歩にほんろうされてきたけれど、団塊の世代というのは、こういう点では、幸せな世代だと思います。





    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/69-1cc8d318
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    外需に活路を(2) TPPと日本 «  | BLOG TOP |  » 外需に活路を(1) TPPと日本

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。