topimage

    2017-04

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ここまでやるかインスタントラーメン 酸辣湯麺に脱帽 - 2010.10.30 Sat

    以前、酸辣湯のつくり方を書きました。その後、何回かやってみて、ストライクゾーンの広い料理だな、とあらためて驚いています。出たとこ勝負で調味料を使っても、きちんと酸辣湯になっています。また、麺を入れたら立派な酸辣湯麺になりました。

    ●インスタントの酸辣湯麺にぎゃふん
     
    ところが、わが奥さんが偶然買ってきたインスタントの酸辣湯麺にぎゃふんといわされました。かんたん。パッケージの説明通りタマゴ一個、鍋ひとつと水600mlだけ。鍋をコンロ(古いですね)のうえでかけかえる手間もいらずに、へたな中華料理屋さんよりおいしい酸辣湯麺ができてしまうのです。
     
    pack
    http://www.myojofoods.co.jp/products/product_detail.html?id=4902881052955
     
    明星食品の「明星 中華三昧 赤坂榮林(エイリン) 酸辣湯麺(スーラータンメン)」です。前のブログを書くとき、「サンラータン」にするか、「スーラータン」にするか迷いました。赤坂榮林では「スーラータンメン」といっていたからです。

    ●マニュアル通りで完璧な味
     
    パッケージに書いてある作り方。600mlのお湯で3分間麺をゆでたら、麺だけをどんぶりにとり、残りの鍋に粉末スープを入れ、溶き卵1個分を回し入れてひと煮立てし、液体スープを入れて、どんぶりにスープを入れる。それだけです。私は好みで粒こしょうをひいて少し加えます。その結果が次の通りです。
     
    酸辣湯麺
     
    ●ここまで進歩した「かんたんに、おいしく」

    安藤百福さんが発明したインスタントラーメン。様々な改良が加えられましたが、インスタントラーメンが登場したのは、私の小学生のころ、私の世代の人生はインスタントラーメンの発達とともにありました。酸辣湯麺が、ストライクゾーンの広い料理だということもあるでしょう。それにしても、「かんたんに、おいしく」が、ここまできたたか、と感慨ひとしおです。
     
    箱

    ●買いだめしてしまった

    おまけに140円。ことし8月の新製品ですが、入れ替わりの激しいインスタントラーメン業界です。「なくなったら、いやだな」と近所のOKストアに行ったら、ありました。3袋入りパックが313円。一袋100円強ときては、食材を集めてつくるのがばかばかしくなります。ごらんのように、ひと箱24袋入りを買ってしまいました。もう一人で留守番も苦ではなくなるかな(笑)。明星食品にファンレターを出したくなるほどです。






    ● COMMENT ●

    知りませんでした

    ピリカ様
    情報ありがとうございました。知りませんでした。早速録画予約しました。

    No title

    今夜の『チューボーですよ』もまた楽しみですよネェ(^_^)b


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/66-4fb3938f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    APECはホットな政治の季節 日米中の内憂外患 «  | BLOG TOP |  » 芸術祭に「ロック」を持ち込んだ文部大臣

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。