topimage

    2017-10

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    民主党分裂のすすめ 政治「手動」はもうたくさん - 2010.10.28 Thu

    民主党はタガが緩んでいます。26日には、企業団体献金の再受け入れを決めました。政権を奪取した2009年総選挙で、民主党はマニフェストに「企業献金の廃止」を掲げていました。「クリーンな政治」を、ことばだけでなく、現実化する大事な約束だったはずです。しかし、「企業献金廃止で政党間の足並みがそろわないから、暫定的に復活する」のだそうです。菅直人首相は「マニフェストと矛盾しない」といっているそうです。でも、メディアはあまり騒ぎません。「世論重視」の民主党としては、ほっとしているかもしれませんが、安心しない方がよいでしょう。世間がもう民主党を見放しているのかもしれませんから。
     
    ●日本はまた一歩崖っぷちへ
     
    政権交代以来、民主党政権は迷走を続けました。日米関係はきしみ、尖閣諸島の問題は先鋭化して中国の反日デモを呼びました。その一方で、経済は依然として停滞どころか、円高無策、経済無策のゆえに、いよいよ崖っぷちにさしかかっています。
     
    ●弥縫策の自民党政権を引き継いだ不勉強な民主党
     
    その崖っぷちで、民主党は政策に関するほとんどの争点で閣内不一致党内不一致をさらけ出しています。政権党当時の自民党にも党内不一致や国民の中の利害対立はありました。しかし、そのころの自民党は日本のありあまる経済力を使って、利害が対立する双方を満足させる果実を与えることができました。これは実のところ、弥縫策(びほうさく)にすぎませんでした。弥縫策のかげで、国民間の利害対立は深刻化していきました。

    鳩山由紀夫       菅直人 
    鳩山由紀夫前首相         菅直人首相


    この状態を引き継いだ民主党は、お気の毒といえばお気の毒です。しかし、政権奪取後の民主党のていたらくは、政権奪取前の不勉強ぶりのゆえでしょう。「財源はあるんです」と国民を安心させて票をかせいだ人たちが、政権交代後、「国にこんなにお金がないとは知らなかった」などと、どの口でいえるのかと思います。弥縫策すらできない素人集団というほかありません。まったく暗澹たる気持ちになってきます。
     
    ●TPPをめぐる民主党の右往左往
     
    最近急に騒がしくなった環太平洋パートナーシップ協定(TPP)加入をめぐる問題は日本の将来に決定的な影響を及ぼすでしょう。韓国が欧州連合(EU)自由貿易協定(FTAを締結したいま、先延ばしはもはやできません。しかし、民主党内では、「1.5%の利益のために98.5%の利益を犠牲にできない」という前原誠司外相がいる一方で、加入反対あるいは、「農家の所得保障政策ではまだたりぬ」と、TPPを口実に農家にさらにカネをばらまこうとする人たちがいます。

    前原 
     前原誠司外相

    ●パワーポリティックスというパンドラの箱を開けた民主党
     
    沖縄・普天間基地問題に端を発する日米安保のきしみの中で、尖閣諸島事件が出来(しゅったい)しました。自民党政権時代にも中国の反日デモや海底油田をめぐる角逐はありました。しかし、今回は中国による露骨な領有権主張の機会を与えてしまっただけでなく、反日デモの一部には「沖縄奪還」のスローガンまで登場したと伝えられます。

    仙谷2 
    仙谷由人官房長官
     
    近代の国際法に照らせば、沖縄はもちろん、尖閣諸島が日本の領土であることは明白です。しかし、歴史的にみると、沖縄は両属でした。今後の長期的な日中の力関係の中で「日本の主権」が揺らぐことが絶対にないとはいいきれません。これがパワーポリティックスの怖さです。自民党政権時代は、小平の「尖閣問題棚上げ論」を受け流して、ここでも弥縫策をとっていたのですが、民主党政権は不手際でパワーポリティックスというパンドラの箱を開けてしまいました。
     
    ●民主党分裂のすすめ
     
    こうした事態を招いている民主党を「政治主導でなく、政治手動」だと皮肉った人がいるのをtwitterで見かけました。政治手動の右往左往から国民を救うのは、民主党が意見分裂だけでなく党分裂に進み、政界再編の歯車が動きはじめることかもしれません。しかし、「政権の蜜の味」は強烈です。いま、民主党に見られる完全な「党内結束」は権力にしがみつくことだけにさえ見えます。権力にしがみついて国を誤った自民党と同じ道を民主党が歩む可能性も高そうです。






    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/64-dc9c8455
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    2010年 民主党の流行語大賞は?

    流行語大賞、そろそろノミネートされているかな? 去年は何と言っても民主党の「政権交代」。では、 その「民主党」の流行語大賞っていった...

    芸術祭に「ロック」を持ち込んだ文部大臣 «  | BLOG TOP |  » 「屁のような人生」 水木しげるさんおめでとう

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。