topimage

    2017-10

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    疲れたときに(2) おお、カトリーヌ! - 2010.10.25 Mon

    女優さんの話です。カトリーヌといっても、新作「しあわせの雨傘」のお披露目で東京国際映画祭に来ている、あのカトリーヌ・ドヌーブではありません。
     
    まず、疲れたときのyoutubeをごらんください。もう何回見たかわからない私です。

     
    ●何とも奇天烈。これはなんだ!

    「なんじゃ、これは!」と思った方は正解です。この奇天烈な踊りをリードしている中年の女性がきょうの主役、カトリーヌ・フロ
    (Catherine Frot)
    です、アガサ・クリスティの「親指のうずき」を映画化した「奥さまは名探偵」(仏2005年)の主役もつとめたフランスの女優ですが、日本ではあまり知られていないかもしれません。
     
    私も最近まで知りませんでした。3年前、偶然入った銀座裏のシネスイッチで、「地上5センチの恋心」(Odette Toulemonde=仏2006年)の予告編を見てからのおつきあいです。「地上5センチの恋心」は、くたびれた中年の男女のラブコメディです。ヒロインのオデット・トゥールモンドは同性愛の息子と失業中の娘を持つ未亡人。昼はベルギー・シャルロワのデパートの売り子として働き、夜はレビューの踊り子がつける羽根飾りをつくる内職の明け暮れ、パリの流行作家バルタザール・バルザンの小説が唯一の癒しです。そのバルタザールが、妻に浮気され、自らの才能をも疑う、うちひしがれた状態で年上のオデットの前に現れます。オデットからのファンレターが手がかりでした。さて、どうなるかは映画をごらんください。


    Baker.jpg
     ジョセフィン・ベーカー

    ●乱暴、唐突なカタルシス

    乱暴ともいえる非現実的
    な演出に、オデットを演じるカトリーヌ・フロのコミカルな挙措動作がうまくかみ合って、結果はしっとりと、なんとも癒される映画です。20世紀の初め、パリを魅了した黒いヴィーナス、ジョセフィン・ベーカーの歌7曲が舞台回し。中でもyoutubeの「チキータ・マダム」は、互いにひかれながらも、もどかしくストレスをためあっていた不器用な男女が、双方の子どもたちも一緒になったのこの奇天烈なダンスで、唐突なカタルシスを迎えるシーンです。映画づくりとしてはむちゃくちゃに近いと思われますが、見ていた私も、同時にたしかなカタルシスを得ました。あとのストーリーなど、どうでもよくなるぐらいのクライマックスです。
     
    では、この映画の「予告編」をごらんください。

     
    カトリーヌ・フロは同じ頃、「譜めくりの女」(仏2006年)という、地味だけれど、しっかり作られたサスペンス映画で、やはり主役。オデットとは正反対の冷たいブルジョワのピアニストを演じています。フランスではけっこう有名な女優ですが、このブログを書くために調べてみたら、日本のwikipediaには、彼女の項目はありません。

    私は断然フロさん
     
    どこにでもいそうで、ちょっと東洋風の変わった顔立ち。でも、なかなかすてき。そこはかとなくコミカルな彼女は、最近の私のお気に入りの女優さんです。きょうも、NHK-BSハイビジョンを録画しておいた「奥様は名探偵」を見て、「きょうのブログはこれだ」と決めました。
     
    私も世代からいって、以前はカトリーヌといえば、「シェルブールの雨傘」のドヌーブさんが定番だったのですが、最近は断然フロさんです私の奥さんと同じお年頃なのが、悩ましい原因かもしれません。








    ● COMMENT ●

    No title

    siomiさん
    ありがとうございます。「女はみんな生きている」。ぜひ見ようと思っています。

    No title

    はじめてお邪魔します。
    楽しみに読ませていただいております。

    カトリーヌ・フロ、私は「女はみんな生きている」(2003年)で知りました。
    イスラム社会での女性地位について取り上げながらも、普通の主婦が生きる場所を見つけ、活き活きしていく姿を現した面白い作品でした。「一生懸命さ」が「ハチャメチャ」に置き換えられて、笑えます。
    DVDもありますので、機会がありましたらどうぞお楽しみください。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/60-f2883100
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    デジタルネイティブとの遭遇 «  | BLOG TOP |  » 音楽 再生音楽あれこれ(2) アナログの黄昏近し

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。