topimage

    2017-09

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スネ夫ニッポン  ドラえもんはいない - 2010.09.25 Sat

    日本赤軍によるダッカでの日航機ハイジャック事件(1977年)。超法規的措置で受刑者を引き渡し、身代金600万ドルを払った福田赳夫首相は「人命は地球より重い」との名言を残しました。深夜の首相官邸小食堂で行った政府中枢の協議で苦渋の決断をした福田さんが部屋を出てきたときに、超法規的措置の責任を自ら負う、この説明を、首相番記者だった私は小食堂前のホールで最初に本人から直接聞きました。


    福田 福田赳夫元首相

    ●説明責任はどこへ?

    30余年後、尖閣諸島での中国人船長公務執行妨害事件では、菅直人首相が「超法規的措置はできないのか」と、いらだっていたと読売新聞が伝えています。その挙げ句の処分保留=釈放ですが、政治主導のはずの民主党政権の幹部たちは、福田さんと違って、いずれも「検察が判断した」の一点張り。いうことを真に受ければ、一官庁に国の行方を決めさせて、リーダーの説明責任はどこへやら、です。

    脅しに対する屈服という点では福田さんの決断と同じです。また、いずれのケースも屈服せざるをえない事情があることも同じです。25日付の朝日新聞の社説は「大局的な判断であり、苦渋の選択であったといわざるをえない」と書き出しながら、多くの問題点を指摘しています。


    ●歴史認識とは

    福田さんの「人命は地球より重い」という発言は、その後、脅しに屈する国日本の象徴として批判されました。それでも、説明責任は果たしたといえます。一方、タカ派と批判された福田さんのこの考え方は、その後むしろハト派が尊重するところとなったのです。

    福田さんの相手はテロリスト集団でした。今回は、核兵器を持つ世界第二の経済大国です。比較にならないほどの難題であることはまちがいありません。しかし、今回の対応がアジアの国際政治の流れを決定づけかねないという外交感覚、歴史認識が、市民運動家出身、革新派弁護士出身の菅首相や仙谷由人官房長官にあったのか、はきわめて疑問です。

    仙谷仙谷官房長官  菅直人菅首相

    ●歴史は繰り返す

    中国は日本、韓国とは東シナ海で、ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国とは南シナ海で、漁業権益海底資源、そして“領土主張”で対立しています。強大な一国と周辺の小さな国々の対立という構図です。これは中国戦国時代の故事「合従連衡」を想起させます。合従連衡とは、最も強大な秦に周辺6カ国(韓、魏、趙、燕、楚、斉)が同盟して対抗しようとした「合従」策と、秦が周辺6カ国と個別に同盟関係を築いてこれを封じた「連衡」策をいいます。

    わかりやすくいえば、クラスの中の体力も知恵もある番長に、ほかの生徒が手を組んで対抗しようとしたときに、番長がその合従を各個懐柔していくようなものです。ごちゃごちゃいうと「そんなこというなら、サシで話しをつけようぜ。表へ出ろ」と番長はすごみます。南シナ海をめぐる対立で、ASEAN諸国はASEAN全体と中国での交渉を呼びかけています。合従です。中国は「二国間で解決しよう」との態度を崩そうとしていないそうです。今回の尖閣問題でも中国はまさに「二国間の解決」で、日本を屈服させました。

    スネ夫は一人ではジャイアンにかなうわけはありません。スネ夫に説明責任を求めても「苦渋の決断」としかいいようがないでしょう。



    ●助けてくれるドラえもんはいない

    アジアはいまこうした大状況にあります。日本の屈服が、ASEAN諸国を失望させたことはまちがいありません。かつての眠れる獅子は本格的な拡張主義の姿勢を見せて咆哮を始めました。これまで、ASEAN諸国は、日本の経済力、軍事力、そして米国のアジアにおけるプレゼンスを中国に対するカウンターバランスと考えてきました。普天間基地撤去問題でハトヤマ・ニッポンをはらはらしながら見ていたのはこのためです。ところが、今回日本は、自国民にも周辺利害関係国にも、国際法と正義にかなう説明ができないまましっぽを巻きました。助けてくれるはずだった米国は、日本の安全保障政策の迷走にあきれ、距離を置きはじめました。

    flag始皇帝
                    中国共産党党旗                   秦の始皇帝       

    ●だめ押しにどう対応?

    外交力発信力でも日本の完敗です。今回の紛争で中国は「日本の司法手続きは不法で無効」「尖閣諸島は中国固有の領土」という印象を世界に植え付けることに成功しそうです。25日、中国はさらに「公式謝罪と賠償」を求めてきました。だめ押しです。「検察のせいにする」のは中国から見ても卑怯だということです。「責任者出てこい」といっているのです。魯迅は「打落水狗」、水に落ちた犬は打てと書いています。菅政権はこれにどう応えるのでしょうか? しかし、「やっちまったなあ」覆水盆にかえらず、です。

    話を合従連衡の故事に戻すと、大国秦は、合従策を連衡策で打ち破り、その上で韓、魏、趙、燕、楚、斉を一国ずつ攻め滅ぼして秦帝国を打ち立てました。かつての日本人はこの教訓を司馬遷の史記で学び、かみしめてきました。未来の歴史書が「新たな覇権勢力である中国に最初に朝貢し、アジアに新華夷秩序を成立させるさきがけとなったのは日本であった」と書くようなことがないとよいのですが。
     

    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/27-f4250f3b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    こたろう あす5歳 «  | BLOG TOP |  » back down  屈服

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。