topimage

    2017-04

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    back down  屈服 - 2010.09.25 Sat

     尖閣諸島近海で日本の巡視船に船を衝突させ、公務執行妨害容疑で逮捕された中国漁船船長処分保留で釈放されました。レアアースの禁輸の脅しや、フジタの社員4人拘束といった中国のこれまでにない強硬姿勢の中で、固唾を飲んで見守っていた日本国民は、まずは拍子抜けしたと思います。

     china  

    結論からいうと、政府はこの「平成の大津事件」の処理を誤ったと私は考えます。この禍根は、民主党政権中枢が想定するよりもはるかに大きなものになるでしょう。

    今回の逮捕容疑は、公務執行妨害でした。領海侵犯でもなければ、漁業法違反でもありません。事件海域では中国漁船の不法操業は、日常茶飯事でした。それでも、海上保安庁は違反船を追い払いうのみにとどめてきました。日中関係を配慮したからです。

    その中で、今回の中国漁船の行動は突出していました。逮捕はその結果です。意図的な挑発行為、あるいはスパイ船という観測が出るのはこのためです。

    たしかに、処分保留=釈放自体は刑訴法の範囲内です。起訴便宜主義という説明もできます。外形的には主権行為です。しかし、24日の発表での那覇地検の説明は面妖です。

    「損害がわずかであった」「計画性がない」「船長に前科がない」だけで処分保留の説明としては十二分です。しかし、那覇地検の「日中関係を考慮して」という説明には強い違和感があります。東京では、仙谷由人・官房長官が「政治介入」を否定しました。記者会見でそこを突いたメディアの姿勢は当然です。一方、検察幹部は「検察庁だけで決めた」といっているそうです。

    弱腰批判を恐れた政府が、検察に政治判断の責任を押しつけた。すなわち、政府の間接、直接の介入があったと見る方が自然です。

    もっと、いやなのはいまの検察の置かれた環境からくる疑いです。脱小沢の菅直人政権ですが、民主党には、小沢疑惑をめぐって検察への敵対意識が親小沢、反小沢を問わず存在します。そこに、大阪地検特捜部のFD改竄問題が起きました。これを機に「検察退治」に意気込む政権与党をなだめることと引き替えに「政治介入」を許したのではないかとの勘ぐりが当然浮かんできます。

    24日のテレビ朝日「報道ステーション」は、決定は仙谷官房長官主導と伝えています。首相、外相は国連総会でニューヨーク。留守番の責任者とはいえ国際政治のセンスがあるとは思えない仙谷氏の判断には巨大な?マークがつきます。

    黒船   黒船
               東洋文化協會

    submarine
     中国の漢級潜水艦
                                                                  wikipedia commons
                    
    「政治介入」をめぐる疑惑には、世論調査が内閣支持率という判断を示すでしょう。その結果、民主党政権がどうなろうと、それは主権者である国民の意思次第ですが、今回の処分保留の結果、東シナ海では中国漁船の不法操業に海上保安庁が事実上まったく手が出せなくなりました。この事実は重いと思います。

    幕末期、黒船など列強に屈服した幕府を思い出します。この結果押しつけられた不平等条約を是正して主権を確立するのに明治の日本は大変なエネルギーを費やしました。歴史は150年後戻りするのでしょうか?

    ● COMMENT ●

    しめこのウサギ

    金門島さん!
    「高負荷試験」「威力偵察」のつもりが、あまりに敵がぼんくらなので、敵陣を占領してしまったというところでしょう。この成果にしめしめというところです。日本を片付けてしまえば、ASEAN諸国も「サシでの勝負」に持ち込めば簡単です。でも、「南シナ海」平和的解決で一致=米・ASEAN首脳会議」の時事配信。ASEANは結束してアメリカとスクラムを組んで対処する気構えのようです。日本は孤立?

    No title

    古来より主権は主張して初めて得られるものだとは論を待たないかと思いますが、今回の対応にはがっかりしてしまいました・・・
    もっとも、どこぞの鳥類首相がのたまう様に、「尖閣諸島も日本国民だけのものではない」のかもしれませんが。

    しかし、個人的に漁船の不法操業に端を発する今回の中国の性急な諸行動には疑問を感じます。海洋油田は採掘施設を既に建てているし、ここまで強硬に出る理由がいまひとつ?です。
    仮に先生のご賢察通り民主党政権への「高負荷実験」としたら、今後ソフト/ハード面で様々な干渉が予想されますね・・・


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/26-8c03d587
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    スネ夫ニッポン  ドラえもんはいない «  | BLOG TOP |  » おやじたちに飲ませたかった おいしくなった日本酒

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。