topimage

    2017-07

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ほめ殺しにあった? 長妻昭前厚生労働相 - 2010.09.22 Wed

    民主党による政権交代の象徴は、長妻昭・前厚生労働相だったと私は思っています。1年前、鳩山由紀夫氏が総理大臣になったのは、たまたま党代表だったからにすぎません。小沢一郎氏であれ、菅直人氏であれ、はたまた岡田克也氏であれ、あのときに党代表であれば、自動的に総理大臣になっていたのです。

    長妻昭 長妻昭・前厚生労働相
    Wikipedia Commons

    そんな中で、長妻氏は違いました。年金をめぐる旧社会保険庁の不正、怠慢を鋭くえぐってきた実績で、厚生労働大臣になるのは当然と思われていました。政権交代という戦いに長妻氏が果たした手柄ははかりしれません。「ミスター年金」の長妻氏こそ「ミスター政権交代」でした。

    それから、1年。菅直人改造内閣は、長妻氏を留任させませんでした。代表選挙で菅支持の旗幟を鮮明にし、本人も留任気構えだった伝えられるのに、「更迭はおかしい」という声は上がっていません。

    1年前、メディアの内部には、「長妻厚労相への危惧」が実は存在しました。問題点や不正を追及する手腕や、エネルギーは高く評価されていましたが、年金制度100年の大計を創造することができるかどうか、年金以外の厚生労働行政の資質については?マークがつけられていました。

    しかし、その一方で、表だって長妻厚労相に疑問符をつけるのはタブーに近かったのです。疑問符をつける人は、はじき飛ばされていたでしょう。それほどまでに政権交代の熱狂は、すさまじかったのです。「やらせてみて、結果を見よう」という突き放した見方をする人は少なくありませんでした。

    結果として長妻氏は「ほめ殺し」にあったようなものだといってよいでしょう。長妻更迭に対する現在のメディアの冷静さは、それを証明しています。

    その長妻氏は、新体制では党の筆頭副幹事長に任命されました。「やはり野におけレンゲ草」ではありませんが、長妻氏には、大臣としてよりも、党人・国会議員として質問者席に立つ方が向いているように見受けられます。翼賛的な質問でなく、国民目線で日本をよくするために優れた能力を使っていただきたいと思います。 

    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/22-add5bba9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Twitterも始めてしまった 62の手習い «  | BLOG TOP |  » ビールの注ぎ方

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。