topimage

    2017-07

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ビールの注ぎ方 - 2010.09.21 Tue

     ドイツ・ミュンヘンのビール祭「オクトーバーフェスト」が始まりました。野外のテント張りのお店で、南ドイツの民族衣装Dirndl(アルプスの少女ハイジが着ている服といえばわかりやすいでしょう)を着た剛腕の女性が2リットル入りのジョッキを両手に8つも抱えてサービスしてくれます。豪快このうえないお祭りです。

    このため、ビールはジョッキで飲むものという思い込みが日本にはあるようですが、地方地方で、飲み方は違います。日本で主流のピルゼンビール・タイプはピルスナーグラス、ケルンのケルシュ、デュッセルドルフのアルトなどは200ミリリットル入りのシュタンゲという繊細なグラスで飲みます。

    ジョッキ2    ピルスナーグラス    ケルナーシュタンゲ 
    ビアジョッキ    ピルスナーグラスの1種   ケルンのシュタンゲ

    飲み方はさまざまですが、ドイツでいつもさすがと思わせるのは、泡のたてかたです。キンキンに冷やす日本と違って、ぬるいビールなのに、実にキメの細かい泡を適量たてます。まさにMeisterwerk(職人芸)です。

    日本では、職場の仲間と入った居酒屋で、ビールはキンキンに冷えているのはいいのだけれど、いざお酌し合ったら、泡がまったくたたなかくてがっかりという経験をお持ちの方は多いと思います。

    そこで、ドイツ・オーストリアで合計7年暮らした後、帰国して、日本で会得した、しかし横着な注ぎ方です。

    [広告] VPS

    少し泡が多めでしたが、これは調節可能です。画面にあるように底の丸くなっているグラスを使うのがミソです。取り立てて丁寧にグラスを洗ったわけでも、グラスを冷蔵庫で冷やしておいたわけでもありません。そこにキンキンに冷やしたビールでこのような泡が立てられるので実に日本向きだと思っています。撮影のため、きょうは昼からビールを飲んでしまいました。

    お試しください。









    ● COMMENT ●

    お酒は思い出とともに

    マミイさん!
    そうですね。私も、ドイツで初めて住んだケルンで知ったシュタンゲが忘れられません。でも、シュタンゲは薄い華奢なグラスなので、何本割ってしまったことか。日本でも買えることがありますが、とても高い。その点ジョッキは思い出も長持ちしますね。

    No title

    今日は、やわらかいお話ですね!嬉しい。
    同じようなお祭りかどうかわかりませんが
    ベルリンの街中でビールのお祭りをしてました。
    もう10年くらい前、旅先でのことです。

    いろんなメーカーの、いろんなビールがあり
    その中から主人が一つ選んで飲んだのが
    とても美味しかったようです。
    (お酒を飲まない私には、わからない味)

    そのとき使ったジョッキをもらって
    スーツケースにに入れて持ち帰り、今も大事に使っています。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/21-721679fa
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ほめ殺しにあった? 長妻昭前厚生労働相 «  | BLOG TOP |  » 単なる反日問題ではない 尖閣諸島をめぐる日中関係

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。