topimage

    2017-04

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    負けに不思議の負けなし 世界経済危機と日本 - 2011.10.27 Thu

    ヨーロッパのソブリン危機が世界恐慌への転落につながるかどうか、ひとつの山を迎えています。けさの日経の1面トップは「欧州銀自己資本9%に」、朝日の1面トップは「銀行借入、各国が保証」です。ギリシャのデフォルトを回避するために、欧州連合(EU)各国がギリシャの債務軽減策をとれば、域内の金融機関の財務状況を悪化させ、それが貸し渋りを誘い、金融機関の破綻、さらには規模の大きな不況を招きかねません。日経、朝日の1面トップの記事はそれを防ぐための対策を報じるものです。

    ●内向き日本を襲う世界経済危機

    日本はいま、記録的な円高に襲われていますが、多くの人々はまだ、今回の危機の深刻さを正確に受け止めているかどうか不明です。バブル崩壊以来の日本経済の低迷に加え、東日本大震災、原発事故が発生し、日本人が極端な内向きになっていたこの半年です。ふと目を外に転じてみたら、「遠い欧州の小国の財政危機が世界恐慌を招くかもしれない」といわれました。目の焦点が合わないような感覚に襲われている人が多いと思います。

    ● 欧州危機の既視感

    思い返してみれば、リーマン・ショックのころもそうでした。CDS(クレジット・デフォールト・スワップ)だとか、サブプライムローンだとか、わけのわからない専門用語を駆使する専門家の解説を敬遠して、人々は身の回りの範囲内で自分たちの利害を守ることの方を優先させてきました。その結果が既得権のぶつかり合い。政治の決定力不足も手伝って、日本は低迷から抜け出せませんでした。しかし、けさの両紙の1面トップの記事には、「既視感」を抱いた人が多いのではないでしょうか? この2つの対策は1990年代の日本の不良債権危機のときに毎日のようにメディアを賑わしたことばでした。「金融機関への資本注入(公的資金導入)」であり、「貸し渋り対策(銀行間の短期融資体制の維持)」です。いま、欧州で起きていることは決して、外国語ができなければ理解できないことではありません。そして、いま世界で先進国の政治、経済の機能不全が「日本病」と表現されているように、日本人にとって、すでに経験ずみのことが起きているのです。メディアには、長々しく小難しい説明をするのではなく、それを端的に解説してくれることが望まれます。

    ● 原因は身の丈にあわぬ生活

    日本はすでに経験済みのことといいながら、日本はそれを見事に解決できたわけではありません。だからこそ、日本はますます低迷しているのですが、その最大の理由は、日本、そして欧米の危機の真の原因を直視していないからです。かんたんにいってしまえば、それは身の丈に合わない生活をしてきたことです。欧米も日本も繁栄の中で、労働力コストと社会福祉など公的な給付がかさんできました。それこそが繁栄そのものなのですが、一方で、世界は変わります。新興国が先進国に追いついてくるにしたがって、欧米や日本はその繁栄を維持するだけの稼ぎをあげることがむずかしくなってきていました。それでも、負担よりも給付の方を求める国民の要求を「仕分け」することのできなかった政治は、どこの国でも、借金=国債発行に頼りました。この借金は景気対策の性格を持つことから大手を振ってまかり通りました。しかし、いまや政府投資の景気刺激効果は薄れています。むしろ、いまはさらに国債発行を続ければ、それが国債価格暴落=長期金利の暴騰=不況の原因になりかねないのです。げに、身の丈に合わない生活のツケとは恐ろしいものです。

    ● 不思議の負けなし

    こうして振り返ってみますと、日本の長期低迷もリーマン・ショックも欧州ソブリン危機も巨視的に見れば同じ性質の「敗北」です。前プロ野球楽天監督・野村克也さんの座右の銘に「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」というのがありますが、経済危機にもこのことばがあてはまります。アリとキリギリスの寓話を持ち出す必要もありますまい。「稼ぐに追いつく貧乏なし」の裏返しをやってきた結果なのですから。

    ● 不思議の勝ちは期待できない


    さあ、ここから日本を含む先進国が、「勝ち」を転じられるかどうか。不良債権危機後の日本も、リーマン・ショック後のアメリカも、その後「勝ち」に転じたわけではありません。経済には「経済価値」という不動のルールが支配しています。野球とちがい、運などに左右される「不思議の勝ち」は期待できません。確実な「勝ち」に転じるためには、偏狭な既得権に目を奪われず、危機の本質を的確に理解する必要があるでしょう。



     

    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/204-03316452
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    野田首相の大きな一歩 «  | BLOG TOP |  » 「ジャスミン」は枯れた カダフィ大佐の終末

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。