topimage

    2017-06

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    冷却水投下断念 - 2011.03.16 Wed

    きょう2回目のブログです。1回目のブログをアップロードしてから事態は動きました。仙台市内の霞目駐屯地に展開している陸上自衛隊の第1ヘリコプター団のCH47が準備を始め、午後4時前、滑走路を離陸しました。政府の要請を受けた自衛隊では、大量の水を入れた容器をヘリからつり下げ、東電福島第1原発3号機の上空を何度も通過しながら水を投下する計画だということでした(NHK)。しかし、午後6時すぎ、NHKは「16日の作業断念」を伝えました。

    nhk 

    自衛隊は別のヘリで上空の放射線量を測定しており、その結果をみてオペレーションを決行するかどうかを判断する段取りでしたが、NHKによると、「上空の放射線量が規定された水準を大幅に上回っていた」ことが断念の理由だそうです。自衛隊員の許容量は50ミリシーベルトですが、それを大幅に超えるということは、明日以降も作業はむずかしそうだとみられています。

    3号機は水素爆発で原子炉を覆う建屋の天井が崩れた状態で、防衛省は上空からの冷却水投下が可能だとみていました。1回目のブログに書きましたように、このオペレーションには大変な危険が伴います。原発の何らかのかたちでの爆発を誘うかもしれませんし、ヘリの乗員は被曝することになります。

    ただただ、成算のあるオペレーションであることと、その成功乗員の安全を祈っていました。NHKと民放各社は午後4時台に天皇陛下の「被災者、国民へのビデオメッセージ」を放映しました。天皇陛下はすでに談話は発表していますが、ビデオでお気持ちを述べられるのは初めてです。

    ひょっとしたら、ぎりぎりの選択かもしれないオペレーションと並行して、憲法が定めた国民の統合の象徴によるビデオメッセージ。しかし、NHKはじめテレビ各社がこの時間、あまり現場の映像を流していませんでした。

    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/144-e774ba74
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    「透明性」「明確な見通し」そして「配慮」を期待 «  | BLOG TOP |  » 緊急事態に明らかになったガバナビリティとガバナンス 

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。