topimage

    2017-11

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    平成の大津事件? 東シナ海波高し - 2010.09.12 Sun

    9月12日(日)朝の各新聞のWEBニュースによりますと、東シナ海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺の領海内で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突して、船長が逮捕された問題で、中国の戴秉国(たいへいこく)国務委員(副首相級)が12日未明、丹羽宇一郎・駐中国大使を呼び出し、「中国政府の重大な関心と厳正な立場」を伝え、漁船と船長らの即時引き渡しを求めました。

    外務大臣よりさらに高位の国務委員が、外国大使を召喚するのが異例なら、その日の突発事件でもないのに、召喚した時間が未明、それも休日の、というのも異例なことです。

    中国はすでに、この事件後、東シナ海のガス田共同開発のための条約締結交渉の第2回会合を延期すると発表しています。

    東シナ海の資源開発の問題=領土問題で強硬姿勢に出たのは、船長の早期釈放を求める世論をなだめるため、という観測もあれば、前者を有利に導くために後者を奇貨としたという見方もあります。また、「両方」すなわち、一石二鳥をねらったとも考えられます。

    いやなのは「時期が時期」だということです。多少の危惧がささやかれた民間人大使・丹羽さんは赴任したばかりで、日中間のもっとも微妙な問題解決に直面しました。

    それよりも、民主党の代表選挙の投票日を目前にした週末で、日本の政治の機能がほぼ停止している時期なのが、さらに困ったことです。この時期に日本政府に圧力をかければ、民主党・日本政府の意思決定過程意思伝達過程に潜む欠陥がわかるという仕掛けの「高負荷試験」です。軍事用語でいえば、「威力偵察」です。ここをを突けば、日本政府のどこが弱いかのデータ収集になります。もちろん「外交音痴」とさえいわれる民主党政権に、時宜を得た適切な対応ができるか自体、まことにおぼつかないといえるでしょう。

    官僚依存」を廃し、「政治主導」をうたった民主党政権。菅直人首相が留任するにしても、小沢一郎首相が誕生するにしても、どのようにこの問題を解決していくのでしょうか。嫌中、親中といった感情でなく、歴史的事実に基いて、国際法理国際正義に基づいて、超大国・中国との間に公正で持続可能な解決策を見いだせるでしょうか?

    鳩山由紀夫前首相の、お花畑のような「東アジア共同体」夢想や、北京の人民大会堂に大勢の民主党議員を連れて行った小沢幹事長(当時)の「参勤交代」がどうしても頭に浮かんできてしまいます。

    明治時代、大国ロシアの皇太子が日本訪問の際、巡査・津田三蔵に襲われた「大津事件」は、大国の圧力と政府の圧力の下で、ときの大審院が「司法の独立」を守ったことで知られています。中国人船長を逮捕した事件は「平成の大津事件」かもしれません。

    注)大津事件に関しては、「司法の独立」を守ったというサクセスストーリーのほかに、もう少し政治的で生臭い背景があったということがその後の研究で明らかになってきています。
     

    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/13-09893945
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    秋の予感 «  | BLOG TOP |  » クレージーキャッツの谷啓さん逝く

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。