topimage

    2017-04

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    東北の温泉、あれから50年 - 2011.02.05 Sat

    1月から2月にかけて、仕事で山形県、秋田県、岩手県、宮城県、青森県を訪れる機会がありました。東北地方をこれだけ回ったのは、1963年秋の中学の修学旅行以来です。これを利用して、修学旅行で宿泊した岩手県繋(つなぎ)温泉、青森県浅虫温泉を訪ねました。

    ●山間の温泉地が一大観光資源に

    御所湖 
    全面結氷した御所湖

    繋温泉は盛岡駅からバスで30分ほど。11世紀半ばの前九年の役の時、源義家が愛馬の傷をこの温泉で洗うと快癒したので、義家も愛馬を穴のあいた石に繋いで入浴したと言われ、以来繋温泉と呼ばれるようになったといういわれがあります(岩手県盛岡市つなぎ温泉観光協会HP)。繋温泉には30年ほど前にも、近くの地熱発電をめぐる取材で泊まったことがあります。ところが50年前、いや30年前と比べてもまったくの様変わりです。かつては山間の温泉地でしたが、御所湖という人造湖を前にした広々とした景色になっていました。御所ダムが竣工したのが1981年ですから、私が知らないはずです。いまや国土交通省・水資源機構所管のダム湖の中で年間湖面利用者が第1位という盛岡市の一大観光資源になったと聞きました。

    ●白いお湯だったんだけど?

    善五郎そば 
    お昼の善五郎そば。「もっと高いものでもいいんですよ!」といわれてしまった

    立ち寄ったのは50年前、30年前に泊まった「愛真館」。今回は日帰り入浴です。昼食とタオル付きで1300円ですから極めて良心的です。かつて木造だった旅館はいまや鉄筋コンクリートに。浴場もかつては薄暗い木造白熱電球だったのですが、大きなヒノキの浴槽以外は今風です。白く濁った硫黄泉だったのが、透明なお湯になっています。「白いお湯だったんだけど?」と尋ねても居合わせた従業員の方たちでは、もう知る人もいませんでした。でも、お湯は最高。空から降ってくる風花を眺めながら、たっぷり1時間、ぬるめの露天風呂を楽しみました。

    ●浅虫は「麻を蒸す」ことから

    青森市内積雪 
    青森市内の積雪

    それから2週間後、今度は浅虫温泉です。平安時代に慈覚大師(円仁)により発見された温泉は、布を織る麻を蒸すためだけに使われていました。1190年にこの地を訪れた円光大師(法然)が、傷ついた鹿が湯浴みするのを見て村人に入浴をすすめ、それ以来人々に利用されるようになりました。温泉名も麻を蒸すことに由来し、「麻蒸(あさむし)」が転じて「浅虫」になったといわれています(浅虫温泉HP)。

    ●50年でここも大きく様変わり

    浅虫 
    旅館の部屋から見た陸奥湾に浮かぶ湯の島

    宿泊したのは「海扇閣」。修学旅行のときに泊まった「南部屋」の姉妹旅館ということでした。陸奥湾に浮かぶ湯の島の美しい姿が9階の露天風呂からみえます。エレベーターにはお年寄り用にいすが用意してあったり、部屋には加湿器がおかれていたり、細やかな心遣いがうれしい宿です。翌朝出発の前に女将に聞くと、かつて泊まった木造3階建ての南部屋の敷地に「海扇閣」が建っているそうで、50年前には目の前の海岸沿いの国道4号バイパスはまだなくて、宿の庭からそのまま浜辺に出られたとか。約半世紀の間にここも大きく変わっていました。昨年12月に東北新幹線が新青森まで開通したため、青森はちょっとした観光ブームです。「海扇閣」も例年なら閑散期なのに、3月まで予約がいっぱいだそうです。しかし、青森の人々は「2015年に新幹線が函館まで開通するまでの繁栄」と早くも心配そうでした。

    ●ヒメマスの燻製でかつてをしのぶ

    ヒメマス 
    昔と同じ味かな? ヒメマスの燻製

    修学旅行のときの思い出もいまや夢のよう。松島、中尊寺、小岩井牧場や十和田湖、奥入瀬などを回ったのです。中学生ですから、名所旧跡や温泉よりも、部屋での大騒ぎの方が関心事でした。それでも、お土産にビン入りの小岩井バター十和田湖のヒメマスの燻製を買ったのを思い出して、今回はヒメマスの燻製を買いました。修学旅行にときにヒメマスを買ったのは和井内貞行(魚の住まない十和田湖でヒメマスの養魚に成功した先人)の伝記を読んでいたからだったなあと思い出したからです。ちょっとしたセンチメンタルジャーニーだったのですが、このあいだじゅう、インターネットでアルジャジーラやBBCでエジプト情勢をウォッチしていたのが、いかにも今風でした。




     

    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/127-b2b1ac41
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    なつかしい味に三陸・宮古で再会 «  | BLOG TOP |  » カイロのおばあちゃんと電話がつながった

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。