topimage

    2017-11

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ネットはライフラインになれるか? エジプト情勢 - 2011.01.31 Mon

     エジプト情勢は依然として混迷の度合いを深めています。「カイロのおばあちゃん」への電話はつながりません。ムバラク政権がインターネットを遮断しているので、エジプト国内の人々はtwitterやfacebook、
    googleにアクセスできません。国外にいる人にはマスコミによって伝えられる大状況はわかっても、家族や親類、友人の安否はなかなか伝わりません。

    tahrirdemo 
    タハリール広場を埋め尽くしたデモ

    ●ムバラク政権はインターネットを遮断

    カナダにいる次男のガマールはfacebookで、エジプトの知人に以下のメッセージを何とか伝えようと呼びかけています。
    IP addresses to use
    Please pass along the following to Egyptians you may know or
    others there. To bypass government blocking of website names,
    use numerical IP addresses:
    for twitter 128.242.240.52
    for facebook 69.63.189.34
    ...for google 72.14.204.99
    To our Good Earth friends in Egypt, WE ARE WITH YOU. We send
    rays of light and love for your safety.

    ガマールのfacebookを見た家内が「これはどういう意味?」と聞いてきたのですが、私にも即座にはわかりません。そこでtwitterで尋ねてみたら、hima820という方が「DNS機能をブロックしているのではないでしょうか?」と返事をくれました。

    ●DNSサーバー遮断?

    ムバラク政権によるインターネット規制がDNSサーバーの遮断という方法によって行われているならこれは有効なようです。インターネット上のアドレスはIPアドレスという12ケタの数字によって決まっています。この無味乾燥な数字では使いづらいので、通常DNSという方法により、
    http://www.goole.comといった意味のあるわかりやすい名前でIPアドレスに到達できるようになっています。DNSサーバーが「名前」を
    「数字」に翻訳
    してくれるわけです。DNSサーバーを遮断されても、この数字を打ち込めばつながるというわけです。

    インターネット遮断 
    エジプトへからのネットアクセスは急激に落ちた

    ●それとも、電源を引っこ抜いた?

    ちなみに、http://72.14.204.99と打ってみたら。googleにつながります。「レスありがとうございます。ネット上では『電源から引っこ抜いた』というウワサが流れていましたが・・・」と返信すると、しばらくしてhima820さんからまた「よくわかりませんが、DNSではないと書いてあります。 エジプトはどうネットを遮断したのか?
    http://t.co/H2Z5CWm via @gizmodojapan #gizjp」とレスをいただきました。このgizmodoのニュースは昨日、長男が見て教えてくれていました。それによると、DNS遮断ではなく、電源を引っこ抜いたという見方のようです。これはかなり乱暴なやり方です。また「ボーダフォン・エジプトなど大手プロバイダ4社の接続が落ちる中で、Noor Groupというプロバイダ1社だけが通信可能」ということでしたが、まさにここまで書いたところで、kazouilleさんが「エジプト:現地で唯一動いていたプロバイダNoorが10分前から落ちている、皆さん情報お持ちではないですか?とルモンドの中の人」とtweetしてきました(Mon 31 Jan 00:03)。

    ●一人一人の安否が大事

    いずれにせよ、一つの国が騒乱状態になったとき、内部の状況はわからなくなります。その国に縁の深い人ほど、知りたい情報はマスコミの伝える大状況もさることながら家族、親類、縁者の安否です。天安門事件のとき、私はアラブ首脳会議の取材のため、モロッコのカサブランカにいましたが、私を含む西側の記者団の最大の関心事は北京情勢でした。苦労して北京の家族に電話をつないだ新華社の記者のまわりに群がって情報を求めたものでした。ジャーナリストとはいえ、このときの新華社の記者も最大の心配は家族の様子だったのでしょう。

    だれもが発信者になれるweb2.0も、権力がネットを遮断してしまえば脆弱です。こうしたとき、果たしてネットはライフラインになれるのでしょうか?「カイロのおばあちゃん」をはじめ、サイードやオマールやソプヒや多くの知人の安否はわかりません。



    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/124-2627a9ca
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    エジプト民主化闘争 インターネット接続に風穴 «  | BLOG TOP |  » エジプトが心配

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。