topimage

    2017-08

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「デモス」の恐怖 映画「アレクサンドリア」の寓意 - 2011.01.08 Sat

    3月5日に公開されるスペイン映画「アレクサンドリア」(2009)の試写を見てきました。ローマ帝国末期に伝説を残した実在の天文学者をヒロインにした物語で、ヒロイン・ヒュパティアを「ハムナプトラ」のレイチェル・ワイズが演じ、アカデミー外国語映画賞(2005)を受賞したチリ生まれのアレハンドロ・アメナーバルが監督した2時間余の大作です。広報資料にあった「彼女の運命を見届けた時、あなたは気づく。2011年の世界が、このアレクサンドリアにもあったことに――」というコピーがそのまま、胸に突き刺さってくる映画でした。

    ●ストーリーは――

    レイチェル・ワイズ 

    4世紀のエジプト、アレクサンドリア。ローマ帝国は崩壊寸前で、繁栄を極めたこの都市ににも混乱が迫りつつあった。その渦中、類まれなる美貌と明晰な頭脳を持った女性天文学者・ヒュパティア(レイチェル・ワイズ)は、分け隔てなく弟子たちを受け入れ、講義を行っていた。彼女は訴える。「世の中で何が起きようと、私たちは兄弟です」生徒でもあり、後にアレクサンドリアの長官となるオレステス(オスカー・アイザック)、そして奴隷ダオス(マックス・ミンゲラ)は密かにヒュパティアに想いを寄せる。やがて科学を否定するキリスト教徒たちと、それを拒絶する学者たちの間で激しい対立が勃発。戦いの最中キリスト教指導者は知る、この都市の有力者たちに多大な影響を与えているのはヒュパイディアだということに。そして攻撃の矛先は、彼女に向けられたのだった――(広報資料から)

    ●これは単なる史劇ではない

    キリスト教 

    古代アレクサンドリアの図書館を舞台に天才女性天文学者とその弟子たち、古代エジプトやギリシャ・ローマの神々を信ずる学者、キリスト教に救いを求めた貧しい民衆、ディアスポラのユダヤ教徒、そしてキリスト教を国教としたローマ帝国の権力が入り乱れて混乱に陥っていく物語です。アメナーバル監督の目標は「観客を”CNNの取材チームが、4世紀に起きたことをドキュメンタリーにしたものを見ている”気分にさせることだった」といいます。それはもののみごとに達成されているといってよいでしょう。私も暗い気持ちにさいなまれながら、手に汗を握りました。これは単なる「史劇」ではありません。むしろ近未来ドラマと理解した方がよいのです。

    ●時と空間を超える様々な寓意

    gods 

    見る人はこの映画から、さまざまな寓意を引き出すことができます。地動説に行き着くヒュパティアの推論は、科学への素朴なあこがれと畏敬をかきたててくれますしし、西欧の人々がいう「明晰だった古典古代から中世への暗転」を具体的に理解する手立てにもなります。そして、その暗転をもたらしたのが宗教だったことを知ります。”知”の象徴の図書館が、貧しい者に救済を与えるキリスト教によって破壊される様を信じられない人もいるでしょう。そこからバーミアンの大仏を破壊したアフガニスタンのタリバーンを連想する人もいるでしょうし、キリスト教への冒涜だと怒る人もいるでしょう。この映画の別のモチーフは、エリートと民衆の対立です。ここからは「民主」とは何か、「平等要求」とは何かという根源的な疑問がわいてきます。そのほか時代を超え、国や民族を超える意味を持ちうる映画だといえます。

    ●邦題「アレクサンドリア」は残念

    agora 

    原題は「アゴラ」です。「アゴラ」は古代ギリシャ語の「広場」。日本の中学生でも知っています。古代ギリシャのいかなる国家でも「民会」の開催場所を意味する、「デモクラシー=民主政」を象徴することばです。「知の滅亡」を伝える映画に「アゴラ」という名を与えたところにアメナーバル監督のメッセージがあったような気がするのですが、邦題の「アレクサンドリア」ではそれが伝わってこないのがいささか残念でした。




     

    ● COMMENT ●

    そうですね!

    映画ブログの晴雨堂ミカエルさん
    多忙のため、コメントを今日になって読みました。
    中には「木によりて魚を求めるコメントもある中、感じるところの多々あるコメントありがとうございます。

    中東をはじめ、権威が次々と打倒されてきます。
    チュニジアのベンアリにせよ、エジプトのムバラクにせよ、「おれを放逐したら、この国はどうなる!」と、最後の最後まで思っていたのでしょう。フランス革命の時の王を中心とするグループもそうだったでしょう。

    人は権力を掌握して権威になると、自分こそが最後の権威と思い込んでしまいます。「我が亡き後は、混乱と滅亡になる」と思うのです。これは、政治の世界だけでなく、学問、芸術を含むすべての分野で共通です。きのうの党首討論で自民党総裁に対して「歴史に対して責任を持て」と逆ギレした菅直人さんもその一人です。


    しかし、そうでないことは歴史が示しています。「自分が最終権威」と思うことはおごり以外のにものでもないのかもしれません。また、そう思ってしまう人は晴雨堂ミカエルのおっしゃるとおり、危ういし、信用されないのです。

    こうした「進歩」に信をおく考え方の一方で「終末論」という根強い考え方もあります。ローマクラブ以来、世界はまた「終末論」に傾いてもいます。映画「アレクサンドリア」でいえば、ヒュパディア以後、古典古代の知が再構築されるまでには長い時間がかかりました。この辺については日経BP社の「知はいかにして『再発明』されたか」をお読みになることをおすすめします。

    ヒュパディアを殺害したキリスト教徒の民衆は、「暗黒の中世」を招いただけなのか? それともルネサンス以降の知の興隆の礎石をつくったのか?どちらでしょうか?

    はじめまして、映画ブログの晴雨堂ミカエルです。

     たぶん、萩谷氏とは考え方も政治的ポジションも異なっていると思いますので、トラックバックでご迷惑なら仰ってください。
     
     萩谷氏のご指摘で、私は身に覚えがあります。かつて護憲派の市民運動に参加したことがあるのですが、その集会では多くが学生やホワイトカラーばかりで、低所得労働者は私だけでしたから、彼ら彼女たちに敬意と軽蔑を抱いたものです。
     
     笑ったのは「ボランティア」という単語についての話でした。ある国会議員が当時の橋本首相に対し「ボランティア」の意味について国会で質問し、首相は「無料奉仕」とか「神社の清掃」などをあげた事を例に出されたエピソードを紹介して、私たち聴衆の前で冷笑していました。
     衒学的でした。イングランド語の「ボランティア」はなるほど「自発的行動」かもしれんが、日本語の「ぼらんてぃあ」は無料奉仕活動として定着している。馬鹿馬鹿しい事になにを得意げになっているのか。
     
     といった事が多々ありました。
     
     「知識分子」は常に心しておかなければなりません。私たちブルーカラーは心のどこかで信用していないのです。自分を人民大衆より一段上に置こうとしているかのような上から目線に敏感です。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/120-3a0fd74a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    年を越しても 菅VS小沢 «  | BLOG TOP |  » スルメイカ 塩辛になるためにうまれてきたのか

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。