topimage

    2017-08

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    だんだん不快に 海老蔵傷害事件での”言論戦” - 2010.12.17 Fri

    事件そのものは、酔っ払い同士のもめごとから派生した傷害事件です。世間にはよくあることです。刑事事件にならず、示談で済まされることも少なくありません。どちらかが被害届を警察に出せば、刑事事件になります。双方が被害届を出せば、相(あい)被疑者ということで処理され、一方あるいは双方に相応の刑事処罰がされることになりますが、世間が知るところにはならないのが普通です。

    しかし、今回は一方の当事者が当代一の花形役者・市川海老蔵さんだったことで、そうはいかなくなりました。また、他方が暴走族グループに属する若者だったことで事態がさらにややこしくなりました。

    奴 蝦蔵 

    海老蔵さん側の「100%被害者だった」という主張には少なからず疑問符がつくとみる人が多いようです。また、加害者とされる側では、伊藤リオン容疑者が事件から2週間後に逮捕されましたが、本人が主張するような単独犯行だったかどうかは怪しいとみられています。さらに、伊藤容疑者の言動からは仲間や組織をかばって一人で罪を背負い、男を上げるというねらいも感じられます。

    もめごとの当事者がこうなら、警察も今回はいささか変です。いくら仲間がかくまっていたとしても、長い間容疑者を逮捕できない(しない)でいたのは奇妙です。かくまった連中は犯人隠秘なのに指をくわえてみていたのでしょうか。

    双方には有力な弁護士がつき、司法の場外で”言論戦”を繰り広げます。それをテレビを中心としたメディアがこれでもか、これでもかと伝えています。まさに、メディア時代ならではということになるのですが、どうもこれは正常ではありません。

    助六 

    民事責任のありようが刑事責任の程度を左右し、刑事責任のありようが民事責任の程度を左右するのは事実です。暴走族グループと海老蔵さん側それぞれには守らなくてはならない、あるいは隠さなくてはならないものがあるようです。そして、そのかけひきの周辺からは微妙な金銭の匂いがします。それをメディアはまるで、スポーツ中継がゲームの勝ち負けをめぐって刻々起きる経過を伝え、解説するような調子で伝えています。別の見方をすれば、社会の公器であるメディアが酔っ払いのけんかの後始末のかけひきの場所として使われているのです。

    12月17日付の夕刊フジによると、7日の海老蔵さんの退院&謝罪会見はオリコンの推定で約7億6000万円の経済効果だといいます。メディアがこれを伝え、視聴者がおもしろがった結果です。しかし、16日のテレビのワイドショーを見ていると、闇世界のかけひきを白昼公然と見せつけられているような不快感がわいてきました。


     

    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/110-71edc087
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    すばらしいクリスマスプレゼントが NHK・BShiから «  | BLOG TOP |  » 私の好きなホテル(1) 松本ホテル花月

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。