topimage

    2017-06

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    クレージーキャッツの谷啓さん逝く - 2010.09.11 Sat

    谷啓さんが9月11日、亡くなりました。
    新橋での講演の帰り、電車の中で、知りました。

    1950年代末から、『おとなの漫画』(フジテレビ)、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)などのテレビで人気を博したハナ肇とクレージーキャッツ。その中でも、谷さんは、愛嬌のある丸顔、短躯ながら、ちょぴりバタ臭く、とぼけた味にたまらないものがありました。


    下ネタのないギャグ。米軍キャンプでの仕事を振り出しにしたセンス、クレージーキャッツは民主主義の時代の、それはすてきなボードビルでした。

    青年期を過ぎて、クレージーキャッツにまた親しんだのは、ずっと後のことです。1980年代、90年代、中東や欧州の特派員だったころ、東京から、クレージーのカセットやCDを取り寄せ、レンタカーで取材して回ったパレスチナで、エジプトのデザートロードで、またドイツのアウトバーンを時速150キロ以上でとばしながら、一緒に歌ったものでした。

    1960年代の日本社会の青天井がなつかしかったのです。

    快晴
    快晴 
    Σ64
    ウィキペディア


    最近では、NHKの「美の壺」がたまらなく好きでした。粋に和服を着こなした谷さん。とぼけた味はさらに枯淡の境地に達していました。後任のスーパーダンディ草刈正雄さんも、この番組では枯れた味を出してきましたが、谷さん時代の最末期の、危ういほど枯れとぼけた味は得難いものでした。

    あんな老人になれたらいいなと思ったものです。「あなたにはムリ!」といわれるのはわかっているのですが。

    その谷さんは、ハナ肇さん、植木等さんの後を追いました。
    行年78歳。 合掌です。




     

    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hagitani.blog51.fc2.com/tb.php/11-7e639d52
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    平成の大津事件? 東シナ海波高し «  | BLOG TOP |  » 自然畏るべし(2)

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。