topimage

    2011-02

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    カイロのおばあちゃんと電話がつながった - 2011.02.01 Tue

     100万人デモのうねりが始まったカイロに電話がつながりました。家内が「カイロのおばあちゃん」とやっと話ができました。今度ばかりは長電話OKです。マダム・アミーラはカイロ国際空港と旧市街の間にあるナイル東岸郊外のヘリオポリスに住んでいますが、今回はナイルの西岸にあるモハンデシーンの親戚の家に避難しています。モハンデシーンは数日前にデモ隊と治安警察が衝突した地域ですが、ヘリオポリスより安全と判断したためです。

    破壊 
    破壊されたエジプト考古学博物館の収蔵品

    ●中間層の住宅地も破壊、略奪の対象に

    ヘリオポリスは中間層の多い新興住宅地です。マスコミにはあまり伝えられていませんが、ヘリオポリスも混乱が進んでいるとのことです。マダム・アミーラの友達マダム・シャディアの夫婦が経営するレストランは群衆に破壊、略奪されました。お店にあったATMがねらわれたようです。私たちはマダム・シャディアの家族とも家族ぐるみのつきあいで、息子同士はよい遊び友達でしたから、つらいニュースです。マダム・アミーラは3月1日にカナダで手術を予定しているそうで、無事に出国できることを願うのみです。

    エルバラダイ 
    エルバラダイ氏

    ●エジプトがイスラム国家化すれば世界は不安定に

    今回の民主化闘争がどのように向かうのかはまったくわかりません。開明派のエルバライダイ氏(元国際原子力機関事務局長=ノーベル平和賞受賞者)が前面に出ていること。エジプトの原理主義組織「ムスリム同胞団」が歴史のある比較的穏健な組織であることから楽観的な見方もあるようですが、今後の推移によっては、イスラム革命に進む可能性も完全には否定できません。世界の安全保障の一方の要石だったエジプトが急進的なイスラムに傾いたなら、世界が不安定になる度合いは、オサマ・ビンラディンの比ではありません。イスラエルのネタニヤフ首相から警戒のメッセージが発せられているのは、イスラエルからすれば当然ですし、日本にとっても中長期的には対岸の火事ではすまないでしょう。

    スカーフ 
    スカーフをかぶったイスラムの女性たち

    ●ふつうのイスラム教徒にとっての原理主義

    20年ほど前、カイロに住んでいたころ、マダム・アミーラと話したことが思い出されます。マダム・アミーラはこういいました。
    イスラム原理主義をどう思うの? 原理主義者の主張のほとんどは私たちイスラム教徒の共感できるものなの。もちろん、私たちは暴力には絶対反対するけれど、原理主義者のいうことは私たちのこころの奥にあるもの、ひとの道です」

    マダム・アミーラは、ハッジ(聖地メッカ巡礼)に行ったことがありますが、熱狂的なイスラム教徒ではありません。いつも洋装でスカートをはく開明的な中間層のマダムです。それがあるころから、外出するときにスカーフで髪を覆い始めました。「なぜ?」と尋ねると、「世の中がちょっとそういう風向きになってきたのよ」と答えたものです。マダム・アミーラの夫は故サダト大統領時代にスエズ運河庁の高官でした。長男のアシュラフはアインシャムス大学を卒業、次男のガマールはカイロ大学を卒業し、いずれもアメリカ、カナダで働いています。原理主義運動とは無縁の中間層、西側の友人です。それでも、彼らイスラム教徒にとっては、原理主義は異物ではありません。日本人にとっての「やまと心」よりもっと人々にとって強いものでしょう。

    ●民主化闘争の結末はエジプト市民の心次第

    民主化闘争の推移は、ムバラク政権や軍の出方、ムスリム同胞団など野党勢力の出方、周辺アラブ諸国や国際社会の対応、国内外の過激な原理主義組織の浸透のからまりあった複雑な方程式の解です。そして何よりもエジプト市民の心がどのように動くかにかかっています。





    スポンサーサイト

    エジプト民主化闘争 インターネット接続に風穴 - 2011.02.01 Tue

    エジプトの民主化闘争で、野党勢力は2月1日に100万人規模のデモを呼びかけ、ムバラク大統領退陣に向けて圧力を強めています。最大のカギをにぎるエジプト軍は1月31日に、「市民は正当な要求を掲げており、平和的に行動する限り軍は発砲しない」との声明を発表しました。市民蜂起から8日目。最大の山場を迎えました。

    エジプト 
    砂漠の大海に浮かぶエジプトの都市

    ●イラン革命型か天安門事件型か

    国土のほとんどが砂漠で、ヌビアから地中海へ南北に流れる大河ナイル沿いに都市や町がへばりつくエジプト。カイロ首都圏の人口は1600万人ですから、「100万人デモ」というのも決して「白髪三千丈」ではありません。デモには挑発者がつきものですから、軍のいう「平和的な行動」は市民支持のメッセージなのか、秩序撹乱には武力行使をするというメッセージなのかは不明です。エジプト民主化闘争は、軍がシャー放逐に動いた「イラン革命」型に推移するのか、市民を戦車で踏みにじった「天安門事件」型に進んでしまうのか、予断をゆるしません。

    ホメイニ 小平2 
    イラン革命の指導者ホメイニ師     小平氏

    ●遮断されたインターネットに風穴

    こうした中、エジプトの4大インターネット・プロバイダーに続いて、最後まで残っていたnoor.netの接続が遮断され、エジプト市民はインターネットへのアクセスは完全に遮断されました。「言論の自由」を認めないムバラク政権の強硬姿勢に対しては、アメリカや欧州諸国は批判を強めています。これに対し、googleとtwitter電話の音声通話をデジタル信号化してインターネットアクセスを保障するサービス←クリック!)を開始しました。エジプトでは、音声による電話回線遮断までは行われていません。「カイロのおばあちゃん」の消息も、カナダにいる次男のガマールが、必死で電話をかけ続け、無事であることが伝えられていますが、このサービスを使えば、細々ではありますが、インターネットアクセスが可能になります。

    ●ラストワンマイルが混沌状態のエジプト

    かつては繁栄した大国のエジプトの首都カイロやアレクサンドリアには20世紀はじめから電話が導入されました。その後の没落で、回線のメインテナンスがまったく行き届かないため、有線の電話は市内でもつながらなかったり、混線することは私たちもカイロ在住時に経験しました。われわれは普通、電話をかけるとき、まず自分の名前を名乗るのがマナーですが、エジプトでは、かかってきた電話をとると、かけてきた人がいきなり「エンタ・ミーン(あんた、だれ)?」と尋ねる不作法が横行していました。そして間違い電話が多いのですが、それは混線のためです。いいかえると銅線通信ではラスト・ワンマイルが混沌状態だったのです。エジプト市民の経済状態からいうと、家庭まで光ファイバー回線をひくブロードバンドは高価ですし、メインテナンスも大変です。

    ●携帯電話が起こした通信革命は政治運動の革命の引き金に

    そこに革命を起こしたのが携帯電話です。携帯電話は無線基地局さえつくればよいわけで、メインテナンスも有線の通信に比べれば、圧倒的に手間とコストがかからないからです。チュニジアの例でも明らかですが
    強権体制のもとでは、かつての日本の安保闘争のときのように、職場や大学での集会を積み重ねて、大規模な街頭闘争を組織するという手法はとれません。小さな反体制集会の段階で治安当局につぶされてしまうからです。携帯電話は、ラストワンマイルという通信のボトルネックから市民を解放しただけでなく、大衆行動の組織化にも革命をもたらしました。集会やビラがなくても突然、大規模な反政府行動が起きる。国内外に公安の網を張り巡らしている権力者にとっては悪夢のような状態がネット時代では起きうるのです。そして、これは先進国であっても同じだということを忘れてはなりません。

    mubarak 
    ムバラク・エジプト大統領

    ●google、twitterが空けた風穴の効果は?

    人々は携帯電話でインターネットにアクセスし、情報を広めていたのです。日本では電車の中で高校生たちが連絡しあうやり方を、チュニジアやエジプトなどでは反政府運動が利用しています。そうなると、「インターネット遮断」というムバラク政権の強硬手段は、それなりの「合理性」を持っています。しかし、google、twitterの音声通信によるインターネット・アクセス・サービスはそこに風穴を開けました。エジプトの2月1日は、どのように推移するでしょうか?




     

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。