topimage

    2017-08

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    電子書籍の閲覧方式統一なるか - 2010.12.30 Thu

     「電子書籍:世界標準、日本語も対応 EPUB縦書き可能に」(29日毎日新聞電子版)だそうです。「EPUB(イーパブ)」は米電子書籍標準化団体『国際電子出版フォーラム(IDPF)』の電子書籍の閲覧方式です。同紙によると、「欧米の小説を電子化するために生まれ、画面の大きさに応じて文字数やレイアウトが自動的に変わる『リフロー』という機能が特徴。米アップル、米グーグル、ソニーが採用するなど海外で主流になっている」とのこと。縦書きやルビ、句読点の禁則処理など日本語対応したイーパブを国内の出版社や電子書籍端末のメーカーが採用すれば、開発にかかる時間や費用を大幅に抑えられ、電子書籍をさらに普及させることになる、と同紙は伝えています。

    ●日本語の電子書籍化が抱える障害

    2バイト文字コード 
    2バイト文字コード表

    メモリーさえ大きければ、小さなデバイスにちょっとした書庫分の本が記録、閲覧できる電子書籍は将来性豊かです。日本の出版業界と電子機器業界は「電子書籍」という黒船を前に、開発競争を展開しています。しかし、使用する文字数が数千もある2バイト文字で、漢字かな交じり文、縦書きという書式を持つ日本語は難物です。英語など西欧語やアラビア語などの1バイト文字言語とちがい、電子書籍化にはけっこう高いハードルを抱えているだけなく、各社がばらばらに発表している方式には互換性の問題があります。

    ●もう人身御供にはなりたくない

    ワープロ専用機  
    お世話になったワープロ専用機、富士通OASYS

    日本語ワープロの開発に大変なエネルギーを要したことはよく知られています。おかげで、いまわれわれは日本語ワープロの恩恵に浴しているのですが、初期にはメーカー各社がばらばらに開発するワープロ専用機のどれを選ぶかウロウロし、互換性の問題に悩みました。結局日本語を解するDOS/Vの出現で、ワープロ専用機は消滅しました。ユーザーの立場から見ると、これは家庭用ビデオのβマックスとVHSの競争と同じでした。電子書籍でも、どの方式がデファクトスタンダードになるか見定めないと、かなり高い出費をしたあげく「人身御供」だったとの悲哀を味わいかねません。

    ●英語読むならamazon kindle

    kindle 
    amazon kindle

    私は昨年、電子書籍端末amazon kindleを購入しました。外国の雑誌や新聞を購読するには、たいへん便利です。写真や図版などは利用できませんが、発行即受信のスピーディさ、価格の安さ、そしてクレジットカード決済による便利さはすばらしいものがあります。私が買った世代のものは、日本語も表示できるということでしたが、実際にはグラフィック、それも横書きとしての表示でした。ためしに漱石の「我が輩は猫である」を受信したら、「門」が送信されたというバグがありましたが、通勤途上に英米の新聞が読めることに満足しています。

    ●iPadは帯に短したすきに長し

    iPad 
    画期的なデバイス iPad

    その後、apple社からiPadが発売されました。画像の美しさは、アプリの豊富さはすごい魅力です。日本での発売前に入手していたデーブ・スペクターさんに見せびらかされて食指が動きましたが、ぐっとがまんしました。私はすでにiPod touchの利用者だったからです。iPod touchを持っていなかったら、買っていたでしょう。でも、ノートPC、iPad、
    iPod touch 、モバイルギア3つは鬱陶しいし、その中でiPadはなんとなく帯に短し、たすきに長しの感がありました。3か月ぐらいしたら、デーブさんも同じ結論に達し、iPadは奥さんにあげてしまったそうです。

    ●閲覧方式の統一待つ

    友人の大学教授Aさんは、iPadを入手しました。最近では購入した本をばらして、スキャナを使って、iPadに取り込んでいます。しかし、これも所詮はグラフィックですし、本をばらすという行為には何となく罪悪感を感じます。私がiPadを忌避したもう一つの理由は、閲覧方式の互換性の問題です。電子書籍の閲覧方式のデファクトスタンダードができるのを待ってもよいと思いました。

    ●ガラパゴス化は避けたい

    ガラパゴス 

    SHARP「ガラパゴス」がガラパゴス化しないことを願う

    そうしたところへ、年末のEPUBのニュースです。果報は寝て待てといいますが、「日本語正式対応は来年5月」だそうです。あとは、日本の出版業界や電子機器業界が、我を捨ててこの統一方式に合流してくれることを望みます。そうでないと、電子書籍も日本ではガラパゴス化するおそれがあります。







    スポンサーサイト

    Twitterも始めてしまった 62の手習い - 2010.09.23 Thu

    Twitterを始めました。

    一昨日、朝日新聞社のOBで大学で教えている人々の集まりで、朝日新聞のインターネットと新しいメディアの権威である服部桂さんの講演をうかがって、刺激を受けたためです。

    20年前、カイロからウィーンに転任したとき、本社から

    dynabook.jpg Toshiba Dynabook J3100

    を送ってもらいました。湾岸戦争からユーゴ内戦へ。東京でIT事情を仕入れることもできず、まったく相談相手のいないウィーンで、一からMS/DOSに取り組みました。1台のパソコンで日本語で記事を書き、通信社のニュースのドイツ語配信を文字化けなしに受けるにはハードディスクを2つにパーティションして、一方に日本語と英語が使える日本語MS/DOS、他方に英語とドイツ語が使える英語MS/DOSを入れて、2つのDOSを行ったり来たりする必要があることに気づきました。

    仕事が終わって帰宅した深夜を使い、初心者にはむずかしいこの作業を行きつ戻りつ2週間かけて会得しました。これに、当時まだ始まったばかりのパソコン通信を加えて、ユーゴ内戦取材で早速役に立ちました。また、その後のパソコン修行の基礎になりました。

    20MBのハードディスクが10万円以上もした記憶があります。社費で勉強させてくれた朝日新聞社には感謝です。

    さて、一昨日、服部さんの話を聞いて、今後もがんばらなくちゃと思いました。といいつつ、こういうことは大好きなのです。服部さん、ありがとうございます。それに、いまは、インターネットからあらゆる情報が手に入りますから、楽ですね。ハードウェアも信じられないほど安くなりましたし。

    もうひとつ、励みになるのは、うちの息子たちの「コンピューターおばあちゃん」です。77歳。愛用のMacBookで、このブログにコメントを送ってきてくれています。彼女のMacの壁紙は、長年腕を磨いてきた自作の豪華な日本刺繍の写真です。Windowsデフォルトの壁紙を使っている自分が恥ずかしい。

    50、60は、はな垂れ小僧です。がんばらなくちゃ。

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    おすすめブログに

    萩谷 順

     はぎたに じゅん

    Author: はぎたに じゅん
    TVコメンテーター
    法政大学法学部教授
    元朝日新聞編集委員
     政治記者、カイロ、ウィーン
     ボン特派員などを歴任
    出演番組
     スーパーJチャンネル(金)
     モーニングバード!(水)
     ワイド!スクランブル(月)
     ビートたけしのTVタックル
       (不定期)
    過去の出演番組
     そうだったのか!学べるニュース
     やじうまプラス'04-'10
    ニュースステーション '00-'04
     ニュースレーダー '85-'87
     (いずれもテレビ朝日)

    お問い合わせや講演の依頼は...

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    本人から返信します(お名前やメールアドレスなど個人情報は本人の同意なしには公開しません)

    いま何時?

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    Twitter

    最新記事

    カテゴリ

    大震災+原発事故 (38)
    政治経済 (71)
    国際情勢・グローバル化 (21)
    社会・生活・文化 (22)
    大学・教育・若者 (4)
    テレビ (4)
    講演 (2)
    IT・パソコン (2)
    たのしみ (28)
    ごあいさつ その他 (8)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    朝日新聞グループニュース

    月別アーカイブ

    RSSリンクの表示

    検索フォーム

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。